汐留OL時代によく行ってたおすすめランチスポット14選

2017-12-08

私は新卒の頃から10年汐留で働いていた元汐留OLです。汐留で働いていた時は人並みにお給与をいただいておりましたので、優雅に汐留ランチなんぞを楽しんでおりました。汐留はね、意外と美味しいお店も多いんですよ。

そんなわけで、汐留OL時代によく行っていた汐留おすすめランチスポットをご紹介!

*記載の価格は税込みです。

スポンサーリンク

ペディ汐留のおすすめランチ

何を隠そう私はペディ汐留のある東京汐留ビルに入居する会社で働いていました。必然的にオフィスのすぐ下にあるペディ汐留で食べることが多くなります。

実はペディ汐留のランチは汐留にしてはリーズナブルだし、ふつーに美味しいです。しかも、カレッタ汐留とか汐留シティセンターはランチタイムに激混みになることが多いですが、ペディ汐留はランチタイムの混雑が少しは落ち着いています。

炒伽哩(チャオカリー)

汐留にあるレストランの中で私が一番通ったであろうお店は、この「炒伽哩(チャオカリー)」です。

炒伽哩(チャオカリー)はインド式カレーと謳っていますが、どこがインド式なのかはイマイチわかりません。私なりの言葉で表現すると、炒伽哩(チャオカリー)のカレーは野菜と卵たっぷりの野菜炒めのようなカレーです。

炒伽哩(チャオカリー)のカレーは辛さとライスの量を調整できます。私の定番は辛さ0番、ライス少盛りです。辛さは0番で中辛くらいで、辛いのが苦手な人はトッピングで生クリームを入れられます。ライスは少盛りで200g(-20円)、普通盛りだと300gです。

私の大大大大大大好物だったおすすめメニューは「ベーコンエッグ野菜curry」。その名の通り、ベーコンと卵と野菜(キャベツや人参など)が入ったカレーです。ベーコンエッグ野菜はちょっと値上げして現在は1000円、私はいつも少盛りだったので980円でした。

これはもうほんっとに何回食べたかわからない。福神漬と玉ねぎがテーブルに置かれていてトッピングできるので、玉ねぎと福神漬を入れまくってた。かなりボリュームのあるカレーではあります。

炒伽哩(チャオカリー)でもう一つお気に入りだったのは季節のカレー。夏はオクラやトマトが入った夏野菜エッグcurryや、秋はきのこエッグcurryなど、季節限定のカレーが提供されてます。でも、やはり最終的に基本の「ベーコンエッグ野菜curry」が一番美味しいという結論に至ります。それでも、季節限定には一応挑戦する我。

炒伽哩(チャオカリー)のランチタイムは混雑でいつも並んでいます。けど、長居する様なレストランではなく回転が早いので、列があっても意外と待たずに入ることができます。一人で入りやすい雰囲気なので、お一人様で利用している人も多いです。

炒伽哩(チャオカリー)の通常メニューはテイクアウトもOK。ランチタイムは通常メニューの他にドライカレーがお弁当として販売されています。残業してて帰りが遅くなりそうな時はラストオーダーの21:30に駆け込んで、持ち帰りしてオフィスで食べたりしてました。

たまーに恋しくなるほど通いつめていた炒伽哩(チャオカリー)は私の汐留ランチの一番推しです。

◆炒伽哩(チャオカリー)
住所:東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング ペディ汐留2F
電話番号:03-6274-5068
営業時間:月〜金 11:00-16:30 18:00-22:00 土 11:00-17:00
定休日:日祝日

こめらく

このお店もよく行きました。「こめらく」はお茶漬けの専門店です。かつての名前は八十八楽〜こめらく。

こめらくのお茶漬けセットは2種類あります。おかず1品と選べるお茶漬けの具2品のセットと、丼茶漬けのセットです。お茶漬けの出汁はカツオだしととんこつの2種類です。どちらも1000円ちょっと超えるくらいの価格帯です。

季節の丼茶漬けが美味しそうな時はそれを選んでいました。なめろう丼茶漬けとか。まずはなめろう丼を食べて、その後にお茶漬けとしていただくというスタイルです。丼茶漬けがイマイチだな〜と思った時は、唐揚げや生姜焼きなどから選べるおかず1品と、お茶漬けの具はすぐきと鮭がお気に入りでした。

こめらくのテイクアウトはお茶漬けやオリジナル弁当など。私が汐留にいた頃は680円くらいで、お茶漬けセットのおかずの丼が売られていました。

◆こめらく
住所:東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング ペディ汐留2F
電話番号:03-3572-6621
営業時間:月〜金 11:00-21:00 土・日 11:00-20:30
定休日:なし

チャイナドール

チャイナドール」は名前の通り中華料理のレストランです。中華料理は定期的に食べたくなる。そんなわけでチャイナドールにも随分お世話になりました。

ランチタイムの日替わりおかずのセットはご飯とスープ、テーブルにセットされたザーサイがついて1000円ちょっとです。

私のランチのお気に入りだったのは担々麺と半チャーハンのセット。がっつり食べたい時は女子でもこのくらいのボリュームが必要。あ、ちなみに私は結構大食いです。XO醬チャーハンのセットや、ランチセットではないけどあんかけ焼きそばもなかなかイケる味でおすすめです。

チャイナドールはテイクアウト中華も人気です。チャーハンやあんかけ風の丼、麻婆豆腐などのメインと、お惣菜と片栗粉を入れすぎてるスープがついて700円くらいだったかな。

この店で唯一改善して欲しかったのは、ランチタイム時でも分煙なこと。喫煙者には嬉しいのでしょうが、喫煙者とランチしに行って喫煙席に座るのは非喫煙者には辛いものがあります。食事が美味しくなくなっちゃうじゃん!

◆チャイナドール
住所:東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング ペディ汐留2F
電話番号:03-6274-5007
営業時間:月〜金 11:00-23:00 土・祝 11:00-21:00
定休日:日曜

Silom Soi 9(シーロム ソイ ガオ)

Silom Soi 9(シーロム ソイ ガオ)」は、店員さんとキッチンのシェフがタイ人ぽくて本格感伝わるタイ料理レストランです。私はアジア料理全般が大好きなのですが、Silom Soi 9(シーロム ソイ ガオ)のタイ料理はなかなか高評価です。

ここはランチセットの種類が充実していて、トムヤムラーメンとガパオのセットや、タイカレー、トムヤムカレー、メガ(特盛)メニューと、男性でもガッツリ食べられそうなのが特徴。880円〜1000円の間の安さで、このボリュームなら大変満足です、我は。

ランチセットの私のお気に入りは、ガパオ&タイカレーのセットです。タイカレーはレッド、グリーン、イエローから選べるけど、私はグリーン派。気に入るとずっと同じメニューを食べる私ですが、たまにタイ風焼きビーフン(パッタイ)に浮気。でも、やっぱりガパオが食べたくなる。

美味しいタイ料理でありながら、Silom Soi 9(シーロム ソイ ガオ)はランチタイムにそこまで混雑しない。いや、混んでるけどね。他の店舗に比べればましかなというレベル。タイ料理はそそられない人もいるのかもね。

◆Silom Soi 9(シーロム ソイ ガオ)
住所:東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング ペディ汐留2F
電話番号:03-5537-0008
営業時間:月〜金 11:00-15:00 17:00-23:00 土・祝 11:00-15:00 17:00-21:00
定休日:日曜

ドランクベアーズ

こんなところでランチ食べられるんすね、というペディ汐留のパブ的な位置づけの「ドランクベアーズ」。手軽にアメリカンなお肉が食べたい時に行ってました。

ランチメニューはハンバーグステーキや、肉肉しいハンバーグがあるのだけど、私は行くとハンバーグステーキか日替わりランチメニューを頼んでました。日替わりメニューはたいていがチキンソテーだった気がする。つまり牛か鶏か、という2択ね。ハンバーグステーキか日替わりメニューだと1000円以下です。

ドランクベアーズは小さいお店でタバコが吸えるお店なので、これまた非喫煙者には少し辛いものがある。雰囲気的にはタバコ吸えそうなパブだから、中華よりは諦めがつくのだけどね。

テイクアウトはアメリカンな感じのアボカドなどが入ったサンドイッチと特製ポテトです。ポテトはなかなか美味しいです。600円くらいするからサンドイッチのボリューム的にちょっと高いかな〜と思ってました。時間のない時は買ってたけどね。

◆ドランクベアーズ
住所:東京都港区東新橋1-9-1 東京汐留ビルディング ペディ汐留2F
電話番号:03-3571-8801
営業時間:月〜金 11:30-24:00
定休日:土日祝

汐留シティセンターのおすすめランチ

汐留シティセンターは会社から徒歩5分くらい。テイクアウトゾーンが充実しているのもあって、かなり通いましたわ。一度レストランゾーンの顔ぶれがガラッと変わって、超お気に入りのとんかつ屋「かつくら」がなくなった時は悲しかった。すごい行ってたのに。

汐留シティセンターはランチタイム超混んでます。11:30くらいとか13:00過ぎてからとか、時間をずらして行った方が落ち着いて食事できるかなと。

ベトナムフロッグ(VIETNAM FROG)

アジア料理好きの私が見逃すわけがないアジア料理レストラン「ベトナムフロッグ」は、アジアンな店の雰囲気も気に入ってました。女子におすすめなレストランです。

ベトナムという名前だけどランチメニューにはガパオやカレー、パッタイなどのタイ料理と思われるものもあります。ベトナムと言えば生春巻きとフォーのセットが体に優しい味で美味しいです。ランチメニューは1000円以下と汐留にしてはリーズナブルです。

食後にはベトナムのロータスティー(蓮茶)がサービスされて、すっきり終えられる。ちょっとフゥ〜って落ち着けるし嬉しいよ、これは。私はパクチーは嫌いだけど、パクチー好きな人はベトナムフロッグに行くべき。おすすめ。

レストランゾーンのたくさんのテナントが整理された時でも生き残ったベトナムフロッグは、汐留シティセンターの人気店です。

◆ベトナムフロッグ
住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービルB1F
電話番号:03-6215-8171
営業時間:月〜金 11:30-23:00 土日祝 11:00-22:00
定休日:不定休

杜の都 太助

「杜の都 太助」は仙台の牛タンの専門店です。安いレストランではないから、たまーにしか行けなかった。

ランチセットは塩味・味噌味から選べる牛タン焼きのセット、両方の味が楽しめる牛タン焼きのセットと牛タンシチューのセットです。どれもテールスープ、おかわり自由の麦めしととろろ、漬物がついています。

牛タン焼きのセットは塩味少なめの4切れでも1250円と私のランチ予算にしてはちょっとお高め。6切れだと1600円。とろろ抜きだと200円安くなるらしいけど、せっかくなのでとろろは食べたい。牛タンシチューは1500円なので、ちょっとリッチでもいいかな〜という時に数回試しました。

◆杜の都 太助
住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービルB1F
電話番号:03-5537-2671
営業時間:月〜金 11:30-14:30 17:30-22:30 土日祝 11:30-14:30 17:00-21:30 
定休日:不定休

テイクアウト:JAPABEN

ここのお弁当はよく買った。わざわざ東京汐留ビルから5分歩いてでも買いに行ってた中身の凝ったテイクアウト弁当「JAPABEN」。お弁当だけど美味しいもの食べたい人はおすすめ。

白米、十五穀米の選べるお米に、ボリュームたっぷりのおかずと野菜がたくさん入ったお弁当で、白米は670円、十五穀米は720円。その他丼やお重メニューもたまに買ってました。

お気に入りのおかずは手作りメンチカツ(オーロラソース)鶏の唐揚げゴボウときのこのすき焼き重も美味しかった。季節の魚などを使ったお弁当も美味しかったよ。副菜はちょこちょこいろんな種類が入ってるのがイイ!

JAPABENはテイクアウト専門店だからランチタイムは大量のお弁当を作ってるのだけど、人気弁当はどんどんなくなってくので早めに買いに行くのがおすすめ。

◆JAPABEN
住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル1F
電話番号:03-3289-1510
営業時間:月〜金 11:00-21:00 
定休日:土日祝

和食 えん

今日はちょっとリッチでもいいかな〜と言う日は「和食 えん」で、優雅にランチタイムを過ごしました。汐留シティセンターの42Fにあるからね、当然景色は抜群だよ。

ランチメニューは、おすすめお魚・お肉料理が1280円也。この価格で私は精一杯。一番人気の金目鯛の煮付けは2500円也。でも、金目鯛の煮付けが美味しいらしいよ。食べときゃよかった。

和食 えんの店内は京都の桂離宮をテーマにしたそうで、数寄屋造のなんとも洒落乙な店内になっとります。イケメン男性とランチに行ったらデート気分を味わえるかも。味わっとけばよかった。

◆和食 えん
住所:東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンタービル42F
電話番号:03-5537-2096
営業時間:月〜金 11:30-15:00 17:00-23:30 土日祝 11:30-16:00 17:00-21:30 
定休日:不定休

カレッタ汐留のおすすめランチ

カレッタ汐留は、汐留の飲食店の中で一番人が多いのではないかと思います。ランチタイムに行くとものすごい人、人、人。時間をずらして行くべきかな、と痛感する。

レストランは充実の布陣で、これだけあれば食べたいものは見つかるかな、という感じです。

越後屋 甚内

越後屋 甚内」ができたのは私が汐留で働き始めてからだいぶ経った頃でしたが、男性の同僚とランチする時はここが多かったです。

越後屋は干物の定食屋で、魚を食べたい時にボリュームたっぷりの干物ランチを求めて行ってました。ランチの定食はサーモン、アジ、さんまなどの魚の干物とご飯、味噌汁のセットで、ご飯はおかわり自由。プラス50円で卵を追加して卵かけご飯にできます。

私のお気に入り定食はサーモンハラス干し定食、850円也。おっきくて脂の乗ったサーモンハラスの干物は、必ず満腹になるボリューム。かなり脂が乗ってるので万全の体調の時にチャレンジしてね。この量とこの味でこの安さは神。大山鶏の太腿ステーキ(1030円)は男性に人気のメニューのようで、頼んでる人多かったです。

◆越後屋 甚内
住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B2F
電話番号:03-6280-6625
営業時間:月〜金 11:30-23:00 土 11:00-15:00 17:00-22:00 日祝 11:00-15:00 17:00-20:00
定休日:なし

遊食菜彩 いちにいさん

鹿児島黒豚のランチと聞けばそそられる「遊食菜彩 いちにいさん」は、カレッタ汐留の超混雑レストランです。なんだか体に良さそうなメニューだからか女性のお客さんが多いです。

遊食菜彩 いちにいさんのランチメニューは、黒豚のしゃぶしゃぶや黒豚のとんかつなど。価格は安いものだと900円〜1500円くらいのものまで、メニューによります。

私のお気に入りランチメニューは黒豚しゃぶそばセット(950円)と黒豚つけ麺セット(950円)。せっかくだからとんかつではなくてしゃぶしゃぶしたり、汁と一緒に食べたいじゃん。なので汁と一緒に食べるメニューがおすすめよ。ゴマだれやポン酢ではなくて、黒豚しゃぶしゃぶを汁で食べるというのがオツです。

◆遊食菜彩 いちにいさん
住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留B2F
電話番号:03-5537-2123
営業時間:月〜土 11:00-22:30 日祝 11:00-21:30(いずれもランチタイムは17:00まで)
定休日:なし

カレッタ汐留の46Fにある「」では、リッチな和食ランチを。ちょっと内臓が動く高速エレベーターで一気に46Fまで行ったら、お値段お高めのスカイレストランゾーンに入ります。現在店舗があるスカイレストランの中で行ったことがあるのは響だけ。もっと冒険しときゃ良かったかな。

響の素晴らしさはなんと言っても眺め。東京タワーやレインボブリッジ、お台場、浜離宮が窓から見える眺望がウリ。男性とデート気分で行くべきだった!そんな意識全く忘れてたYO.

眺望だけでなく響はランチもちゃんと美味しいのです。響のランチには自然薯がついています。自然薯とご飯とお味噌汁はおかわり自由。自然薯とても美味しいのでおかわりしてみて下さい。私はおかわりしてました。

響では日替わり膳(1300円)か、本日の焼き魚膳(1200円)、刺身三種盛りと魚膳(1500円)などを食べていたかな。人気はチキン南蛮膳(1300円)らしいけど、タルタルは結構重たいので私は食べたことなかった。でも、これは食べるべき響のおすすめメニューだったらしい。汗。

◆響
住所:東京都港区東新橋1-8-2 カレッタ汐留46F
電話番号:03-6215-8051
営業時間:月〜金 11:00-14:30 18:00-23:00 土 11:00-14:30 17:00-23:00 日祝 11:00-14:30 17:00-22:00
定休日:なし

その他の汐留のおすすめランチ

オフィスビルのレストランゾーンが多い汐留ですが、雑居ビルの一角にひっそりと店舗を出しているお店も見逃しちゃいやです。汐留エリアの残り2つのおすすめランチスポットをご紹介します。

アルディーレ

ボリュームたっぷりのパスタランチなら地中海料理の「アルディーレ」で決まりです。アルディーレの店舗は日テレの脇の道沿いにあります。

ランチメニューはパスタとサラダとドリンクがセットになっています。プラス50gのラージサイズはなんと無料、50gマイナスのスモールサイズは50円引きです。どうりで男性客も多いわけだ。価格は1050円〜1700円と強気設定だけど、お腹いっぱいになるし美味しいので満足できるはずです。

私のお気に入りランチメニューはボンゴレロッソ(1050円)とカルボナーラ(1200円)、だいたいスモールサイズにしてました。ボンゴレビアンコじゃなくてロッソっていうところが意外と珍しくて気に入ってました。ペスカトーレロッソ(1700円)はお店のおすすめらしいのですが、ちょっとランチでは手が出ない価格だった。

◆アルディーレ
住所:東京都港区東新橋1-2-10 パル汐留ビル1F
電話番号:03-6215-9814
営業時間:月〜金 11:30-15:30 17:30-23:00 土祝 11:30-15:30 17:30-22:00
定休日:日曜

銀座 比内や

日テレの裏側の角にある「銀座 比内や」では、比内地鶏の居酒屋ランチが食べられます。あまり目立たない角にあるからか、ランチタイムにそこまで大混雑しない印象があります。

ランチメニューは4つで、比内地鶏を使っているのはもも肉と胸肉を使った極上の親子丼ともも肉だけを使った究極の親子丼、やきとり丼の3つ、もう一つは秋田県産の豚を使った塩焼き丼です。

私のお気に入りランチメニューは極上の親子丼(1000円)です。備長炭で焼いているというお肉は炭の香りがほのかにする気がして美味しいです。卵もとろとろだしね。外れのない親子丼という感じがします。

この店の残念な点はやはり喫煙可能なことです。分煙でもないので、そばに喫煙者がいたらアンラッキー。ただ、長居するような雰囲気でもないので、食後に一本タバコ吸う人がいるかなくらいでした。

◆銀座 比内や
住所:東京都港区東新橋1-3-5 久田ビル1F
電話番号:03-5537-2902
営業時間:月〜土 11:30-14:00 17:00-4:00 日祝 11:30-14:00 17:00-23:00
定休日:年末年始

 

スポンサーリンク